走×旅 ~Running Journey~
走ることとか、旅することとか、戯言とか。
イラスト

好きなことを好きでい続ける努力をすることを好きになれ

 

どうも。

ウエハラです。

 

ふと、思ったんだけど、

「好きなことを好きでい続ける」

ってめちゃくちゃ難しくない?

 

ここ数年、

「好きなことを仕事にする」

とか

「好きなことでお金を稼ぐ」

とか

「これからは趣味の時代だ」

とか、そんなフレーズが世間でもてはやされている。

 

僕自身、この言葉に煽られて今頑張っちゃってしまっているタイプの人間なのだが、実際これってめっちゃ難しい

 

Ⅰ 「好きなことを好きでい続ける」ためには努力が必要

 

まず「好きなことを見つける」こと自体が難しい

これには間違いなく、努力が必要だ。

 

というか、

「好きなことを見つけよう」

なんていう言葉自体が誤解を招きかねない。

 

そもそも、あなたの「好きなこと」なんてものは、あなたから離れたどこか遠い場所にあるものではないからだ。

 

「好きなこと」というものは、どこかの道端に落ちていて

「あ、これは私の好きなことだ!」

なんて一目見て分かるものではない。

 

もちろん、ファーストインプレッションで「あ、私これ好き!」とか、良い印象を抱くことはあるだろう。

 

しかし、それはあくまで表面的な部分しか見ておらず、その段階では必ずしも“その何か”があなたの「好きなこと」であるとは限らない。

 

では、“その何か”があなたの「好きなこと」であるかどうかを確かめるにはどうすれば良いか?

 

それは、

とにかくやってみること。

そして、やり続けてみること、だ。

 

まぁ、そんなことはどこかしこで言われている月並みな言葉なのだが、本当にこれに尽きる。

僕の豊富な表現力を以てしても、そうとしか言いようがない。

 

あなたが実際にやってみるという“行動”があって初めて、それはあなたの「好きなこと」となり得るし、「好きでないこと」ともなり得る。

 

“その何か”があなたの「好きなこと」であるには、まずあなたが“その何か”を「好きになる」という行動が必要なのだ。

 

ここでの主人公はあなたであり、あなた自身がトリガー

そして、一見「これ面白そうだな」「これ好きかもしれない」と思ったものでも、実際にやってみると「何か違う・・」と思うことが多々ある。

 

つまり、やり続けることでしか見えないことがある

 

何かを継続するというのはとても大変なことで、その中で苦労や嫌なこともたくさん出てくるはずだ。

 

僕だって、これだけ「走ることが好き」と口にしているものの、走ることが嫌だなーと思うことはしょっちゅうあるし、練習はキツいし、辛いし、ランニングの練習を継続することって本当に大変だなぁと日々思っている。

それでも、なんだかんだ14年も走り続けているのだから、やっぱり僕は走ることが好きなんだと思う。

 

また、それは自分から遠く離れた場所にあったわけではなくて、ふと自分の足下を見つめ直してみた時にそこにあったものだ。

気付いたら14年間も続けていた「走ること」

やっぱりそれが自分の「好きなこと」なのかもしれないという気持ちの硬度が高まっていったという話である。

 

結局、結果論になってしまうのだが、

「やり続けてこれたことが、あなたの好きなこと」

なのだと思う。

 

そして、何かをやり続けるには少なからず“努力”が要る。

継続する努力をした結果、“その何か”を好きになる

継続する努力をした結果、「あ、私はやっぱりこれが好きなんだ!」という気持ちが徐々に固まっていく。

 

だから、自分の「好きなことを知る」ために努力は必要。

「何かを好きになるためにも努力が必要。

「好きなことを好きでい続ける」ためにも努力が必要なのだ。

 

Ⅱ 「好きなことでお金を稼ぐ」ためにも努力が必要

 

そして、もっと難しいのはこれだ。

「好きなことでお金を稼ぐこと」

これはもう、めちゃくちゃハードゲーム。

 

まず、「好きなことをするだけ」ではもちろん稼げない

 

「好きなことでお金を稼ぐ」という言葉こそ短絡的過ぎて誤解を招きかねない。

 

「好きなことをする」

「お金を稼ぐ」

 

という2つの間には、いくつものプロセスと課題がある。

 

・自分の好きなことを通じて、どういう価値が創出できるか。

・その価値を求めている人はいるのか。(ニーズはあるのか。)

・あなたがそれをする理由は何か。

・あなただからこそ創出できる価値は何か。

・人がそれにお金を払う理由は何か?

・ビジネスモデルの構築。

・収益発生の導線を作る。

 

など、パッと思いつくだけでもこれだけ出てくる。

 

もし、自分が「好きなこと」を自分で楽しみたいだけであればこんなこと考える必要はない。

しかし、それはあくまでただの消費行動であり、生産行動ではない。

 

つまり、いくら「好きなこと」をしていても、それが自分の中だけで完結してしまってはお金を稼ぐことが出来ない

(別に、それはそれでいいんだけど。)

 

では、「好きなこと」を単なる消費活動から生産活動へ昇華させるにはどうしたら良いか?

 

代表的なものは、「発信すること」「見せること」だろう。

 

ネット上では、ブログやYouTubeなどの媒体を活用して簡単に自分の趣味や表現を発信することが可能になった。

そして、その発信が成功に繋がったという人が山ほどいる。

 

最近、僕はデジタルイラストに興味があってYouTubeでその関連動画を観ているのだが、以下に紹介するラズメさん「ラズメ倶楽部」というチャンネルがすこぶる良い。

 

【塗りつぶし革命】囲って塗るは使わなきゃ損だ!!

 

このラズメさんの動画の何が良いかっていうと、確かに技術を学べるとかもそうなんだけど、一番良いのは

 

「ああ、この人は本当に絵を描くことが好きなんだなぁ」

 

ということがビシビシ伝わってくるところだ。

 

そして、「ああ、自分も絵を描きたくなってきたなぁ」と思える。

 

これって素晴らしい“価値創出”ではないだろうか?

 

きっとラズメさんがこの動画をネット上で公開せずに、ただ自分の中だけで完結してしまっていたら多分僕の目に届くことは一生なかったはずで、こういった価値が生まれることはなかったかもしれない。

 

だから、僕は人がその人自身の「好きなこと」を惜しみなく社会に公開していくことは立派な“生産活動”だと思っている。

 

とはいえ、発信活動を続けるのはラクではなく、むしろ重労働に値すると思う。

好きなことを仕事にするのは自由ではあっても、ラクではないのだ。

 

そこには、やはり大変な苦労があり、それでも続ける根気努力が要る。

 

僕もブログを書き始めて思うが、例え好きなことをテーマに記事を書いていても、書くこと自体が好きでも、やっぱりブログを書き続けるのは、大変な仕事だと思う。

起きている間ほとんど一日中ブログのことを考えているといっても過言ではない。

 

好きだからこそやれてはいるものの、やはりそこに努力はある。

自分で言うのもなんだけど。

 

Ⅲ だから、努力することを好きになれ【結論】

 

ここまで書くと、

「努力を努力と感じない程熱中できることが本当に好きなことなんじゃないですか?」

的な意見が飛んできそうだ。

 

確かにそれも間違ってはいない。

確かに間違ってはいないんだけど、それはやっぱり結果論に過ぎないのだ。

 

もちろん努力を努力と感じないくらい没頭出来て好きなことがあるなら良い。

それがあるに越したことはないんだけど、それだけ好きなことに巡り合うことは確率的に、ほとんどない。

 

先述したが、「好きなこと」とは最初から「好きなこと」としてどこかに存在するものではなく、「やっていく内に好きになっていく」ものだ。

 

これもやはり、結果論ではあるのだが、「続けてこれたものが、あなたの好きなこと」(かもしれないの)であって、そう判断が出来るまでの間に多少の努力は必要だ。

 

いくら「好きなこと」でも、それをやり続けていく過程で苦労や挫折があるだろう。

 

それでも「やり続ける」

その先に見えてくるものがある

 

多分、この段階ではどうしても、努力は努力として感じてしまうと思う。

まだ、「私はこれが好きなんだ!」という確固たる自信があるわけではないからだ。

 

じゃぁ、なんでお前はそんなに大変なことをやっているんだ?

という話になるのだが、それはやはり「楽しいから」「好きだから」である。

 

走ることも、旅することも、絵を描くことも、ブログを書くことも、最初は「自分の好きなことってこれなんじゃないかなぁ」というなんとなくの気持ちで始めた。

そうやって賭けるような気持ちで始めたことが、なんとかここまで続けてこれた。

大変さや苦労も挫折も痛みもたくさんあったけど、それらも全てひっくるめて好きなのだと思う。

 

そういったものが好きになれれば、今度は努力することが楽しくなってくるのだ。

そして、努力していく内に、好きなことがより好きになっていく

 

とは言っても、僕の努力なんてまだ目に見えるような結果を出してないので、大したことないのだが。

 

それでも、好きなことを続けるために

「努力をすることを好きになる」

ここがポイントではないかと思う。

 

まとめていえば、

「好きなことを好きでい続ける努力をすることを好きになれ」

 

うん。

結局、よく分からんね。

 

でも、こういう言葉遊びが結構好きなんだよねぇ。

 

『阿蘇の牧野トレイルランニング』