ランニング日誌 Running Diary

競技として走ることは楽しくない、なんてことはない【AM 10km Jog Trail & Road 雲仙・仁田峠 / PM 400m×10 interval】

◆旅先だからこそ走る~雲仙トレラン

 

職場の社員研修旅行で、長崎雲仙に行ってきた。

旅先だからこそ走りたくなるのが、僕の性分。

 

最近は、

「走る=トレーニング」

となりがちで、ちょっと気負い過ぎていた部分もあったのかもしれない。

 

久々に気楽に、旅先の空気を感じ、自然に癒され、走ることそのものを楽しめた

楽しむことは大事なことのはずだが、意外と忘れてしまいがちな感情でもある。

 

ついでに言うと、僕は楽しむこととトレーニングすることは両立すると思っていて、

「トレーニング=辛いこと」だとは必ずしも思っていない。

 

もちろんトレーニングをしていく中で辛いことはたくさんあるけれど、

楽しくトレーニングを続けることが出来ているときこそ自分は強くなり、そしてまた楽しい結果が待っている。

と、僕は信じている。

 

競技として走ることは楽しくない、なんてことはない。

 

◆AM 10km Jog Trail & Road 雲仙・仁田峠

ということで、雲仙・仁田峠を散策しながら走る。

 

5:20起床、5:50~スタート。

天候は曇り

 

割とがっつり走ろうかと思っていたが、走り始めると身体が重かったので、

軽めにトレイルも含めてリラックスして走ることにした。

 

標高700m~1100mくらい。

仁田峠のトレイルは急斜面なので、所々脚が止まる場面もあったが、キツいところは無理せず歩いた。

適度な登板トレーニングが出来たと思う。

 

そして、仁田峠の頂に到着。

 

ガスりまくっていて真っ白。

何も見えず。

 

午後のポイント錬もあるので、距離は伸ばさず、控えめに終えた。

 

◆PM 400m×10 interval

18時に阿蘇帰着。

 

19時からは毎週水曜日『Team阿蘇』練習。

今日はスピードセッション。

 

*400m×10 インターバル

P=70″

R=230m=1’20″~1’30″Jog

 

400m×10は、久しぶりのメニュー。

ショートスピードの養成が目的。

3:00/km程度のペースを反復し、動きを身に付け、心肺に負荷を与える。

リカバリーは疾走時間の70″にプラス10″~20″して、1’20″~1’30″設定。

いつもより短めのリカバリーで、つなぎJogもしっかり走ることを大事にした。

 

70″-69″-71″-69″-70″-70″-69″-69″-69″-65″

 

結果的には、ほぼ設定通りの69″~71″ですべて回した。

動き的には、反発を上手く使い、リズム良く無駄な力を使わずに走ることが出来た。

心肺的には7割の努力感

ただ、リカバリーがいつもより短かったので、短時間の内に走りながらしっかり次の動きと呼吸を整える練習がもっと必要だと感じた。

 

ラスト1本もしっかりタイムを上げることが出来たので良かった。

ただ、力み過ぎて動きが硬くなってしまったのは、これから修正すべき点。

 

参加者15名

みんなで励ましあいながら、しっかり走ることが出来た。

 

長崎土産のカステラをみんなで食べて解散。