LAVERDAD - Running Journey
地球のどこかで走り回ってます。2015年、走って日本縦断しました。主に役に立たない記事を書いていきます。
旅 Journey

本能的に震え上がった【日本縦断ラン 91~92日目 (宮城~岩手)】【旅ラン】

<91日目(7/1)>           

宮城県・気仙沼市唐桑~岩手県・陸前高田市

 

唐桑発

20150701_092035

朝は少しゆっくりして、9時過ぎに唐桑を発つ。

 

外は少し雨が降っている。

今日から7月だが、まだこちらは梅雨である。

20150630_134911

今井さんに見送られ、つなかんを出発。

やはり、唐桑御殿は何度見ても立派である。

20150701_095531

海沿いに北上していき、岩手県・陸前高田市を目指して走る。

 

昨日の気仙沼~唐桑間ほど激しくはないが、そこそこ起伏のある山道が続く。

 

あまり無理のないペースで淡々と歩を進める。

20150701_101654 20150701_101933 20150701_101939

雨が次第に激しさを増してきた

霧が視界を覆っている。

 

雨中の山道を走るのは寂しいものだ。

 

そう感じていた折、前方に自転車を押して歩く人物を見た。

 

20150701_101509

福見さん

広島から北海道の宗谷岬まで自転車で旅しているそうだ。

 

まさか、こんな雨が降りしきる山中で会えるとは思わなかった。

 

海沿いを北上していくということで、同じコースを辿ることになる。

この後、我々はペースこそ別々であるが、同じく陸前高田へ向かう。

 

岩手県・陸前高田市

20150701_111504

宮城県を抜けると、岩手県陸前高田市に入る。

 

久しぶりの越県だ。

思い返してみると、宮城県には2週間も滞在していたようだ。

 

雨は依然、強い。

 

道中、車を停めて

「乗せていくか?」

と声をかけてくれる人もいたが、お気持ちだけ頂戴して走り続ける。

 

20150701_114724

やがて、陸前高田市の中心が近づいてくる。

 

といっても、町は見当たらない。

 

ほとんど全て流されてしまったからだ。

20150701_115032 20150701_115427

眼前に広がっているのは、やはり盛り土だらけの景色だ。

工事用の土を運ぶベルトコンベアが仰々しく建ち連なっている。

 

20150701_191242

陸前高田には、奇跡の一本松がある。

 

震災前には約7万本の松の木があったが、その一本だけを残して全て津波に流されてしまったというものだ。

 

その奇跡の一本松を震災後の新たなシンボルとして、関連グッズやTシャツがたくさん売られていた。

20150701_120006 20150701_120240

雨はさらに激しさを増す。

雨宿りのため、休憩所に駆け込んだ。

 

20150701_181332

ここで、福見さんと再び合流し一緒に昼食をとる。

 

お店は地元の人が営んでいて、震災当時のことも話してくれた。

「覚悟を決めた」

「本能的に震え上がった」

それらの言葉が忘れられない。

 

この日は雨ということもあり、無理して先に進まずにこの辺をゆっくり見ていくことにした。

20150701_140712 20150701_140747 20150701_140838

こちらが旧道の駅の跡

映画でしか見たことのないような崩壊ぶりに愕然とした。

20150701_180458

震災前の映像では、この道の両脇には多くの飲食店やコンビニが軒を連ねていた。

それが、今ではこのガソリンスタンドくらいしか残っていない。

 

見上げると、そのガソリンスタンドの看板に当時の浸水高が示されている。

 

浸水高15m

 

20150701_180651

日が沈み始め、辺りが暗くなってきた。

 

雨はようやく止んだようだ。

広田湾は静まり返っている。

 

今日はここで休もうと考えていたが、

何故かもう少し歩きたくなった。

様々な思いが去来して、頭が混乱気味である。

 

内陸の方にかすかに町灯りが見える。

住民はあそこに移動したのだろうか。

 

3~4kmほど歩いたところで、ようやくお店がポツポツと確認できるようになった。

やはり仮設住宅などもこの付近に多く建てられている。

 

中心街がどこにあるのかは地図を見れば大体分かるものだが、

こと被災地に限っては地図があまりあてにならない

 

20150701_200212

今夜はこちらのスーパーが閉店した後、軒下で休んだ。

 

[91日目・走歩行距離:22km]

 

<92日目(7/2)>           

岩手県・陸前高田市~岩手県・一関市

 

陸前高田市発

20150702_043738

午前5時

 

雨の翌日だったので、あたりは霧に包まれていた。

20150702_072517

少しゆっくりめに準備して7時過ぎに出発する。

その頃には霧は晴れ、日が差してきた。

20150702_072530

スーパーの店長から親切に差し入れを頂いた。

今日は30℃近くまで気温が上がるそうだ。

水分補給をしっかり、とお心遣いをしてもらって走り始めた。

 

20150702_101501

今日からは進路を西にとり、すなわち太平洋側から内陸に向けて走る

 

せっかくなら、内陸も日本海側も走ってみたいからだ。

 

内陸へ

20150702_102818 20150702_104512 20150702_105236

あたりが、内陸らしい山並みの景色になっていく。

 

太平洋側も山道ではあったが、リアス式海岸のクネクネとした山道ではなく、内陸はどこまでも続いていきそうな深い山道だ。

 

当然ながら、海から離れれば離れるほど津波の被害跡は少なくなっていく。

 

まるで世界が変わったようで、不思議な気分だ。

 

20150702_115337

強い日差しと、延々と続く上り坂が体力を奪っていく。

 

15km程走ったところで、さらに上り坂が険しくなった。

20150702_120742 20150702_121334

まわりは深い山並みが連なっていて、その間に巨大なループ橋が架かっている。

このループ橋を伝って、一気に標高にして200m程を駆け上がる。

 

駆け上がるといっても既に15km山道を登ってきた脚はもうヘロヘロだった。

 

視線を地に落として一歩一歩踏みしめるように進んで行く。

20150702_122844

 

一関市

20150702_131136

ようやく峠を越えて、岩手県一関市に入った。

 

ここらで休憩をとる。

20150702_142103

なんだか足の血豆が危ないことになっていたが、見なかったことにした。

(この日走り終わってからしっかり血を抜いておいた。)

 

20150702_152152

再び歩き始めた時、道を走っていた車が停まった。

その運転手は車を降りると僕に話しかけてきた。

 

なんでも、ここから10km程先に行ったところで焼き肉店を営んでいるとのこと。

 

ご馳走するから是非寄って行って、とのことだった。

 

それまでのヘロヘロだった身体が嘘だったかのように生き返る。

 

「焼き肉、焼き肉」

 

と頭の中で唱えながら走った。

 

摺沢

一関市摺沢に到着。

20150702_171552

こちらが、焼き肉 政

摺沢駅のすぐ向かいにある。

 

20150702_172844

素材は岩手牛にこだわっている。

店長はなんと、1600頭もの牛を牧場で飼っているとか。

 

スケールが凄い。

 

柔らかいけれども確かな食感の岩手牛をたっぷり味わった。

ご馳走様でした。

 

なんだか旅に出る前より贅沢な食事をしている気がする。

20150702_185758

 

[92日目・走歩行距離:34km]