LAVERDAD - Running Journey
地球のどこかで走り回ってます。2015年、走って日本縦断しました。主に役に立たない記事を書いていきます。
旅 Journey

人生、何とかなる【日本縦断ラン 57~58日目 (栃木)】【旅ラン】

<57日目(5/28)>

栃木県・真岡市~栃木県・宇都宮市

 

真岡市発

20150527_183318

昨晩は、マックでずっとPC作業。

睡眠は、仮眠程度しかとれなかったため、この日はほぼ無睡状態でスタートする。

 

大学4年時は、コンビ二の夜勤をしていたため、無睡で走ることは良くあった。

あの時のタフさは無駄にはなっていない

 

ただ、身体は大丈夫でも脳の動きが鈍い。

ただでさえ頭の回転が遅いというのに。

 

とにかく、この日は宇都宮市を目指す。

栃木県の県庁所在地だ。

 

宇都宮市

20150528_072729

田んぼ以外ほとんど何もない道を走り続け、

宇都宮市に入る。

 

徐々に建物が増えだしてきた。

そこで、ある看板が目に留まる。

 

20150528_093704

「シューベルトよりシートベルトが好き」

 

詳しい事情は分からないが、

シューベルトが可哀想だと、僕は思った。

 

それからまもなく、鬼怒川(きぬがわ)が見えてくる。

全長約170kmもの長い河川だ。

20150528_094227

 

鬼怒川に架かる橋を越えると、宇都宮市街地に入る。

 

一気に建物が増え始め、景色は都会の様相に変わる。

 

なんだか若者が多いな、と思ったら、

宇都宮大学があった。

略して、宇大(うだい)

 

「うつのみや」の五文字が「う」の一文字に短縮されてしまうのは、改めて考えてみると面白い。

 

20150528_100541

そして、コンビニのミニストップとの一体感が凄い。

最初は、普通にミニストップの店舗かと思った。

 

だが、洗面所には、やはり大学らしい注意書きが。

20150528_100650

 

「洗面台に嘔吐しないでください」

 

宇大のすぐ近くは、もう宇都宮中心街

結構大きい街だ。

20150528_102735

と思ったら、街のど真ん中立派な神社が建っている。

二荒山神社という。

風情の残る近代化した都市だ。

20150528_103157 20150528_104006 20150528_103645 20150528_104141

また、この日はちょうど神事の日であったようで、舞踊が行われていた。

 

正直、よく分からない

 

これまた雑談になるが、日本には無数の神様がいる

何だかもう訳が分からなくなるくらい多い。

 

いわゆる「アミニズム」というやつで森羅万象に神が宿るという考え方だ。

 

一神教とは違って、何でもありな感がある。

仏教が入ってきたときも、それを柔軟に取り入れ、さらに神とくっつけてしまった。

これは、いわゆる「神仏習合」というやつ。

 

その点で、日本文化は非常に柔軟性があると言える。

 

最近、

「日本独自の文化を世界に発信しよう」

と声高に叫ばれ、

「いまどきの若者は日本文化を知らん」

などと嘆く声も多い。

 

それ自体は否定しないが、そもそもあらゆる文化を柔軟に取り入れてきたのが日本文化である。

明治維新後の文明開化にしても、敗戦後の高度経済成長にしても、あれだけのスピードで外国文化に順応するのは世界的に見ても珍しいそうだ。

 

この柔軟性ゆえに、日本文化は非常に混沌としており、理解するのは困難だ。

 

だが、この“混沌”とした感じ、“理解のし難さ”こそが日本文化の真骨頂だと思う。

 

宇都宮での出会い①

ところで、宇都宮に来たからには、宇都宮餃子は食べておきたいところ。

 

しかし、駅前のがっつり観光客向けのお店で食べるのは味気ないし、

地元のお店も知らない。

 

そこで、偶然声をかけてくれた男性は榎田さん
(そういえば、写真を撮り損ねた。)

地元で有名な餃子専門店を紹介してもらい、昼食をご一緒する。

20150528_123930 20150528_125429

水餃子がめちゃくちゃ美味しい。

水にたっぷり浸して出されるのも、よそ者からしたら新鮮な体験。

 

お店の名前は「正嗣」

地元の方に教えてもらわなければ分からないような場所にある。

榎田さんに出会ってなければ、恐らくスルーしていたことだろう。

 

榎田さんご自身も旅好きで、そこから学んだことは

「人生、何とかなる。」

だそう。

 

激しく同意だ。

 

というより、

「なるようにしかならない。」

と思う。

 

楽しい会話と、美味しいお食事、ありがとうございました。

 

午後は、再びPC作業をひたすら進めてこの日は過ごした。

 

[57日目・走歩行距離:24km]

 

<58日目(5/29)>

栃木県・宇都宮市

 

大体、宇都宮

昨晩は、カラオケに泊まる。

宇都宮は大きい街だったが、ネットカフェがほとんど無かった。

 

そういえば、夜になると急に人通りが急に減った。

夜はしっかり休む街なのかもしれない。

 

そして翌朝。

 

全然疲れがとれていない。

足がパンパンにむくんでいる。

 

カラオケに一人。

なんだか切なくなった。

 

そして、眠い。

 

休養日

そんな感じで体調が思わしくなかったので、この日は昼過ぎまで読書。

 

旅をしていると、いろんなことに興味が沸いてくる。

最近、知的好奇心が異常に高い。

 

それは良いのだが、インプットの量が多すぎて、それを整理する時間とアウトプットの量が

足りていないというのが現状だ。

 

贅沢といえば贅沢な話ではあるが。

 

宇都宮での出会い②

全く移動しないのもあれなので、散歩程度に宇都宮市郊外まで歩く。

久しぶりの雨だ。

 

5km程歩いたところで、時刻は18:00。

そろそろ宿を見つけようと、辺りをウロウロ。

 

すると、声をかけてくれたの女性は長谷川さん

20150530_095034

旅好きの血がうずいて、声をかけてくれたそう。

やはり、声をかけてくれるのは旅好きの方が多い

 

なんと、またまた親切なことに、お家に泊めてくださるということに。

本当にありがとうございます。

 

何だか日増しに自分が図々しくなっている気がする。

けれど、それ以上にいろんなことに感謝できるようになったとも思う。

 

20150529_213943

こちらは、ラブラドールクーちゃん

 

最初はかなり警戒されて吼えられたが、次第に落ち着いて、最終的にはかなり甘えられた。

ツンデレである。

 

長谷川さんは山形県のご出身。ご主人は福井県のご出身だ。

どちらも九州とはあまり馴染みが無い場所。

お互いの話に興味津々だ。

 

そして、夕食。

釜で炊いた福井のお米は、信じられないくらい美味しかった。

お米でこれだけ違いを感じたのは初めてだと思う。

 

餃子や唐揚げも美味しくいただいた。

 

楽しく、穏やかで、温かい時間。

 

この日、サボり癖のようなもので、全く走らずに一日が過ぎてしまった。

そのことに対して若干の自己嫌悪を感じていたが、

今日走らなかったからこそ、このような出会いに恵まれた

そう考えると素晴らしい。

これで、きっと良い。

 

[58日目・走歩行距離:5km]