LAVERDAD - Running Journey
地球のどこかで走り回ってます。2015年、走って日本縦断しました。主に役に立たない記事を書いていきます。
旅 Journey

関東平野で旅のご縁が繋がる【日本縦断ラン 47~48日目 (群馬~埼玉)】【旅ラン】

<47日目(5/18)>

群馬県・藤岡市~埼玉県・本庄市

 

藤岡市発

昨晩は群馬藤岡駅で野宿。

 

田舎であれば駅は基本的に夜中も解放しっ放しであるから屋内で寝られるのだが、関東に入るとそう思惑通りにはいかない。

 

終電が過ぎる頃には、しっかり駅の待合所も施錠してしまうのだ

 

ああ残念。

 

まあ、防犯上それが普通のことではあるが。

 

というわけで、屋外のベンチで寝たわけだが、やはり5月下旬に差し掛かったとはいえ夜中は冷える。

 

寒さで何度も起きる。

4時半には起床し、辺りが明るくなる5時頃に出発。

じっとしていた方が寒いので、さっさと歩き始めて身体を温めた方が良い。

20150518_050155

夏至が近づき、日が昇るのが早くなってきた

さらに東へ向かっているので、日昇時刻は尚更に早くなっていく。

 

朝の清々しさは何と言い表したら良いだろう。

理屈ではない爽快感を得られる。

 

ウォーキング日

一方で、体調はあまり思わしくない。

 

なかなか体の冷えがとれないのだ。

それに最近熟睡できていない日が続いているせいか、慢性的な疲労感がある。

 

しばらく歩いた後、とある休憩所で休む。

 

やはり、どうにも身体がだるい

 

今日は無理せず、ウォーキングのみにしよう。

 

埼玉県入り

20150518_054516

藤岡市は、群馬県と埼玉県の境にある。

 

橋を渡って、埼玉県神川町に入る。

 

辺りは急に平地だらけになった。

遠くに山並みは見えるがどれも低い。

 

特段、建物が多いわけではないが、雰囲気は確かに変わった。

視覚的に人を多く確認できるわけではないが、人間社会のむわりとした熱気のようなものを感じる。

 

何しろ人口の多さは東京に次ぐ全国2位の県である。

その先入観が僕にそう感じさせるのか、真の直観でそう感じるのか、自分でもよく分らない。

 

本庄市

今日の目的地を決めようと、マップを眺める。

すると、自分の現在地のすぐ近くに「本庄市」がある。

 

そこは確か寄るべく場所であったはずだ。

 

実は、岐阜県・白川郷の道の駅で出会ったあるご夫婦がお住いの町がこの本庄市。

夜の白川郷で僕がブログの記事を書いていたところに偶然居合わせた方々だ。

 

小池さんと言う。

ご夫婦でよく旅をされているそうだ。

 

そのとき、埼玉の本庄を通るときは是非連絡をするように、と言ってくださった。

 

なんと、もうこんなに本庄の近くまで来てしまっていたのか。

見事に土地勘がなかった。

 

急な連絡で申し訳ないが、小池さんにメッセージを送る。

 

そんな急な連絡にも関わらず、この日は本庄にあるご自宅に泊まらせていただくことに。

ありがとうございます。

 

20150518_183008

本庄駅で小池さんと合流

 

夜はご自宅にお邪魔し、美味しい食事と会話を楽しみながら、平穏な時間を過ごす。

白川郷で偶然出会ったという全く不思議なご縁だが、こうして繋がっていられる

 

この日本縦断ランで僕が辿った軌跡が、いわゆる「人脈」として日本中を張り巡っていく。

 

そして、ここで築かれる「人脈」は、単発のイベントやパーティで名刺交換をしただけで得られる人脈とはどこか違う気がするのだ。

 

「人脈」とは、「繋がる」とは、どういうことか

或いは、そう簡単に多用してはいけない言葉のような気もする。

 

[47日目・走歩行距離:15km]

 

<48日目(5/19)>

埼玉県・本庄市~埼玉県・川島町

 

本庄市発

昨晩は、小池さん宅で一泊させていただいた。

久しぶりのベッドで、ゆっくりと休むことができた。

 

左脛の状態もだいぶ良くなってきている。

 

小池さん宅を発つ前に写真を撮る。

 

20150519_082759

平日の朝であったので慌ただしく、全員揃って撮ることが出来なかったのが心残りであるが、是非またどこかでお会いしたい。

 

お世話になりました。

ありがとうございました。

 

深谷市、熊谷市

20150519_104112 20150519_120519 20150519_120658

本庄市を発ってから、

渋沢栄一生誕の町・深谷市、全国きっての猛暑の町・熊谷市を走り抜ける。

 

1km5分台のペースで走れている。

脚の痛みも、普通に走る分にはほとんどない。

 

道は平坦で、歩道もしっかりしているので、淡々とリズム良く走れる。

このような爽快なランは久しぶりだ。

 

そして、街並みはどんどん都会へと変わっていく

車の数も人の数も一気に増えた。

 

何より若者や学生の数が多いことに気付く。

そして、彼らはこれまで見かけた学生とは明らかに雰囲気が違う。

 

高校生は、お洒落な髪型がキマっており、立派なロードバイクを乗りこなす。

中学生は、スラっとした体型の子が多く大人びて見える髪は長い子が多い。

 

ヘルメットを被ってチャリを漕ぐ子はいなかった。

 

今日のゴールは…

その後、特段身体に異変も起こらず、

無事に東松山市に到着。

20150519_162940 20150519_162131

今日はこの辺で休む場所を探そう、と駅前をウロウロ。

 

すると、地元の女性が声をかけてくれた。

 

聞くところによると、近くにネットカフェがあるらしい。

 

最近、ブログ更新が全然できていない。

やるべき作業が溜まっているので、できれば今日はネット環境のあるところで休みたい。

 

そのネットカフェは徒歩20分程のところにあるらしいので、そこまで足を伸ばすことにする。

 

そして、10分歩き、20分歩き、30分歩き…。

 

60分経過。

 

…うん、全く辿り着かない。

 

迷子になったようだ

 

20150519_180254

 

それから追い討ちをかけるように、日が暮れ始める

辺り一面は田んぼ

 

仕方がないので、休めそうなところまで歩き続けるとしよう。

 

20150519_184029

ようやく、田んぼの中にポツンと建つ休憩所を発見。

結局、この日はここで野宿することに。

辺りに店は見当たらず、夕飯は抜き。

 

ここは、川島町

20150519_182633

綺麗な夕日を拝んで休む。

 

別にこれくらいのことで大変と思わなくなったあたりは、僕も少しは成長した。

 

「日本縦断ラン」は、自分で選んだ道だ。

 

誰のせいにも出来ない

だからこそ楽しい

 

[48日目走歩行距離:40km]