走×旅 ~Running Journey~
迷走し続ける旅ランナーのブログ
ランニング日誌

このIT時代に人間がゼーハーする意味【(400m+200m+100m)×3set】

 

どうも。
ウエハラです。

 

最近の僕は、相変わらず“週1ランナー”である。

週1回しか走っていない。

 

「大人は忙しいからね」

「社会人はいろいろあるからね」

 

と、人は言う。

でも、

 

“オトナ”って何なんだい・・・?

“シャカイジン”って何なんだい・・・?

 

“オトナ”とか、“シャカイジン”とか、ありとあらゆる枠組みを持ち出して、

自分で自分をその檻に閉じ込めちゃうのね。

 

本当は“オトナ”も“シャカイジン”も大したもんじゃないでしょ?

みんな一人のちっぽけな人間。

 

走りだしたら、息が上がる

走ったら腹が減る。

走ったら疲れる。

疲れたら眠くなる。

 

みんな、そんな当たり前の生理機能を持つ普通の人間なんだ。

 

とか、ポエティックに書き出してみたけど、特に深い意味はない。

走りたいときは走ろうってだけ。

はい。

 

(400m + 200m + 100m)×3set

 

さて、本日も

『Team阿蘇』水曜練習会

 

お題は

MENU

(400m + 200m + 100m)×3set インターバル

R = 200m、100m

set間 = 200m

 

久しぶりのショート距離走スピード刺激を身体に与える。

 

週1の頻度でしか走ってないので、まともに走れないのは明白だが、

どれくらい走れないかを確認する意味でもやってみる。

 

CONDITION

曇・小雨 / 13℃ 

春の陽気で暖かくなった日中。

夜になっても暖かく、久しぶりに10℃を超える環境で走る。

 

●1set目

400m ・・・ 69秒

200m ・・・ 33秒

100m ・・・ 15秒

1set目は、貯まりバネで走れてしまう。

しかし、400mを走り終えた時点で心臓バクバク

かなり心肺機能が衰えている

200m、100mで身体を素早く動かそうと試みるも、キレがない

 

●2set目

400m ・・・ 73秒

200m ・・・ 33秒

100m ・・・ 16秒

2set目で、すでに乳酸が貯まって身体が動かなくなる

400mは安全運転で走ったものの、それでもラスト100mは筋肉が固まり思い通りに身体を動かすことができなくなった

200m、100mは惰性で走る感じで、ピッチが上がらない

脚を素早く切り返さないといけないのだが、その動作をするために筋肉が上手く働いてくれない。

また、それぞれ疾走区間を走り終えた後に頭がボーッとした。

脳も酸素不足に陥っているようだ。

走力に限らず、あらゆる身体機能が絶賛低下中。

 

●3set目

400m ・・・ 75秒

200m ・・・ 35秒

100m ・・・ 17秒

3set目は2set目の現象がさらにひどくなって身体に現れた。

400mは自分がイメージするリズムと実際のリズムがかけ離れていて、文字通り浮ついた感じ

200m、100mもキレがないまま、400mと同じようなリズム感(つまり、ゆったり)で走り切った。

 

むむ。

なかなか強烈に走れてないな。。。

 

やはり、週1の練習では、練習で得られる体力向上幅よりも体力の落ち幅の方が大きい

 

早いところ、トレーニング計画を組み立てないと・・・

 

このIT時代に人間がゼーハーする意味

 

そして、今回は久しぶりのスピード練習ということで

心臓バクバク呼吸ゼーハー状態に陥ったというわけだが、

なぜ人間は、この現代においてもなお、わざわざ自らゼーハーするのだろう?

 

人間はとっくの昔に自動車や電車を発明して、

人間が歩いたり走ったりしなくてもいいような環境を作った。

 

今はIT時代なんていう風にも言われて、

パソコン1台、スマホ1台あればほとんどの仕事ができる。

 

わざわざ走る理由がない。

 

にもかかわらず、世界中で決して少なくない数の人間が、自ら進んで走り続けて、勝手にゼーハー言っているのだ。

 

これは冷静に考えて、かなり馬鹿げている行為だ。

 

彼らは一体、何がしたいのか?

 

いや、僕もか。

 

僕は一体、何がしたいのか?

 

酸素こそ正義

 

実はこの水曜日、ちょっとその答えを見た気がした。

 

400mを走って頭がボーッとするほど酸素不足に陥った僕は、

何も考えることが出来なかった

 

これだ。

これこれ。

 

「何も考えなくていい」

というシチュエーションがこの忙しない現代において大事なのだ

 

もう何も考えることができない。

むしろ、生命の危機を感じるレベル

 

当然だが、そんな状況下で、人間の頭は正常に働かない

 

仕事での悩みとか、人間関係の小さな悩みとかどうでもいい。

どうでもいいというか、そんな悩みの存在自体、その人の頭に入り込む余地はない

だって生命の危機だから。

 

「やべぇ、とりあえず酸素くれ!酸素!」

という状態なわけで、その人はもう酸素以外に意識はいかない

 

「いや、企画書とかその前に、とりあえず酸素くれ!酸素!」

「損益分岐点とか知らんよ!俺は今、乳酸性作業閾値(LT値)超えてるんだよ!むしろVO2max達してるよ!」

 

 

酸素こそ正義

酸素こそが僕らの命を救う。

 

 

あれ、何が言いたいのかちょっと分からなくなったけど、あれだ。

 

僕らランナーの行為は馬鹿げてる。

間違いない。